日々の活動

第三十回目

3月3日、天使の森プロジェクトからは、活動支援団体「天使の森クラブ(仮称)」の設立準備、天使の森の木製パズル制作について進捗が報告されました。
その後、参加者の横山さんに、ご自身が部会長をされている岡崎活性化本部の乙川リバーフロント部会から市に対して出された「乙川リバーフロント地区整備、基本方針策定のための提言書」の内容を一部紹介いただきました。部会が発足して、公園内の樹木を剪定し、殿橋から岡崎城に向けた景色が少し良くなった。乙川を中心に修景を進め、回遊性を高めて水辺に親しみやすい整備を考えている。今回の提言により、心地よい雰囲気を持ったまちづくりができれば、既にある歴史性などとあいまって、「世界で最も住みやすい都市」「生活の質」などの都市ランキングにみる指標にも適うまちになる。そうした市民生活の質の向上が、まちの魅力を高め、他の地域の人々も訪れたくなるまち(=観光産業都市)になることを期待している。

140304-salon30

参加者からは、「現在の岡崎公園周辺の景観を考えると、公園内の景観的魅力づくりに対し更に力を入れる余地があるのではないか。」「国内旅行をして魅力を感じる場所は歴史的な建物や庭などの本物が残っている所、近年になって開発された観光地には少ないと思う」「犬山城は本物(現存天守)なので気に入っている。江戸時代の雰囲気が感じられ、外国からの来客を案内することもある」「岡崎城を木造の本物のお城(復元天守)にすれば、魅力的になる」「親水域の魅力の一つはそこに生息する生物の多様性にある。ヨシなど湿地に生える植物の繁茂できるところを残せば、飛来する野鳥の種類や数量も多くなる」「上流域の砂防ダムの形状をなんとかすれば、淡水魚が遡上できるようになり、水中の生物も多様になるのではないか」「既に多数の高層ビルが建っているが、50年くらいの幅で考えれば、適切な規制によって、それ以降の景観を方向付けることはできるのではないか」などの意見が出ました。

次回、4月は7日の月曜日18:00~です。

第二十九回目

2月3日、天使の森プロジェクトの進捗状況として、梅園小学校でも育苗箱づくりを行ったこと、ESD会議の協力のこと、天使の森の整備で案内看板を設置したことなどを報告し、その後は思い思いに額田地域の活性のための課題や方策などの話をしました。

140203-salon29

「最近はNPOや行政や企業などいろいろな人が考えを持って額田に来るようになったが、相互の連携があまりないので、全体的になかなか進まない」「地元の産業、例えば製茶業では働き手が減っているが、製茶だけでは収入が十分得られないので、林業やほかの仕事と合せて、季節に応じていくつかの仕事をやり繰りするなどできると良い」「他の地域から工芸家が1人2人移り住んでくれると良い。新しい視点持って地域の魅力を起こせるのではないか」「有機農業では埼玉県にある霧里農場がとても参考になるのではないか」などの意見が出ました。
最後は参加者が作成してきた昭和中期の宮崎界隈の地図を見ながら、「この店は今・・・云々」など額田まちの変遷の話となりました。

次回、3月は3日の月曜日18:00~です。

案内看板の設置

1月28日、天使の森の入口から頂上までの4か所に案内看板を設置しました。

140128-signboard-01

天使の森に到着すると、それまで薄曇りだった空も晴れ、風の少ない穏やかな天気に恵まれました。石の多い地質なので、看板を立てる穴を掘るのはさぞかし大変だろうと予想していたのですが、狙い定めた場所が良く、思いのほか作業がはかどりました。
看板は総ヒノキ造り、屋根は銅版で大した大きさではないのですが、随分立派に見えます。太陽の光を正面に浴びる頂上の看板を眺めながら「なんだかお伊勢さんに来たみたいだねぇ」と、ほのぼのとした会話が弾みました(笑)

140128-signboard-02

ところが、戻りの移動中に車が坂道で湿った地面にタイヤを取られてスリップして立ち往生。皆で車を押して救出するのが、この日一番たいへんな作業でした(苦笑)

梅園小学校にて育苗箱の種まき

2014年最初の森林再生プロジェクトの活動報告です! 1月15日に岡崎市立梅園小学校にて園芸部の生徒が育苗箱の種まきを行いました。お昼頃に雪がちらつくなどとても寒い日でしたが、皆元気いっぱい。

140115-donguri-ume

「このどんぐりは1年でどれくらいの高さになるの?」「ぬかたの山はどこにあるの?」「どんぐり10個のうち、何個の芽がでるの?」「2年たったら卒業していないけれど、山に植えるときに参加してもいいですか?」など、たくさんの質問が出ました。放課後、下校するまでの短い時間でしたが、手際よく上手に作業が進みました。 春に芽が出るのが待ち遠しいですね!

第二十八回目

1月14日は天使の森プロジェクトの報告からスタート! 現在、天使の森へ登る駐車場周辺から整備を始めている。また、桧の間伐材を利用した商品開発や地元の産業活性などの企画支援も始めており、小さなことかもしれないが確実に実現していきたいと、年始の抱負と合わせて進捗状況を話しました。

140115-salon28.jpg

報告の後、2014年最初のサロンということで、地元の食材を使った美味しい料理をいただきながら懇親会となりました。日頃話をしているまちの課題、山の課題に留まらず様々なテーマについて話し合いました。 次回、2月は3日の月曜日18:00~です。

第二十七回目

12月2日は、「天使の森」森林再生プロジェクトの進捗状況の報告から始まりました。 天使の森周辺の植生調査が終わり、天使の森の将来の植生計画が具体的に見えて来た。去る11月23日には今後植林するための苗ポット作りを市民参加で行った。現在それらのポットは宮崎小学校、常磐東小学校で管理していただいている。年明けには梅園小学校にも協力していただく予定。今後このまちづくりサロンを中心に、意見交換をしながら具体的にプロジェクトを進めていきたい。

131202-ewe-salon27.jpg

参加者からは、どれだけ多くの市民に賛同してもらえるかが大切。分かりやすく、誰でも理解できるような表現が必要。天使の森見学ツアーを開催して欲しい。構想の市民化が課題、などの意見が出されました。 また、中心市街地を流れる乙川の魅力を高めるには、なによりも川の水が良質である必要がある。水が綺麗であれば乙川周辺の修景など、活性化の方策がより効果的なものになると思う。自然石などを使用して親水域を整備できれば、市民も川辺で過ごす機会が自ずと増えるのではないか。そうした取り組みが住みやすさにつながる。既に日本は人口減少に転じ、どの自治体も市民にとっての魅力を意識的に高める必要がある。周辺市町村にはない岡崎の魅力として山や川は大きな要素となりえるのではないか、等の意見が相次ぎました。

 

次回は、2014年1月14日の火曜日18時からです。

年初のため変則的に第2火曜日となっていますのでお気を付けください。

常磐東小学校にて育苗箱の種まき

 131202-donguri-school.jpg

12月2日。急に寒くなった天気も一休み。 穏やかな晴れの中、常磐東小学校の生徒が育苗箱に種まきをしました。全校生徒は50名ほど。その中から今回は緑化委員の生徒4名が参加。先生と一緒にどんぐりをきれいに並べてくれました。先生の話によると、数年前にどんぐりから苗を育てたが、発芽率がかなり低く、結局その時は実生の小さな木を採取して山に植樹したそうです。今回も少し心配と話されていました。 これから苗がある程度の大きさに育つまで、水遣りなどの作業をしていただきます。

育苗作業&アートプロジェクト報告会を終えて

11月23日快晴。みつわ広場(旧大雨川小学校)で、どんぐりの育苗箱と苗ポット作りの作業とアートプロジェクトの報告会が行われました。

131125-pot-01

作業の前に教室で、グリーンフロント研究所の小串さんから、森の遷移について説明いただき、童謡「どんぐりころころ」の歌詞を引き合いにどんぐりの発芽条件などについて話されました。 
その後運動場で、グループに分かれ育苗箱と苗ポットを作りました。一口に「どんぐり」と言っても、いろいろな種類があって、その中から今回は「コナラ」「アベマキ」「クヌギ」を植えました。作業の説明を聞いている時は樹種の違いを理解できたのに、作業が始まると「あれっ、どっちがコナラ?」と言いながらも、小串さんの指導の下、楽しく作業を行うことができました。

131125-pot-02

作業を終え、天使の森の頂上に上がると、空は秋晴れ。眼下に広がる景色は遠く遠州灘まで見渡せました。

131125-pot-03

午後からは、武蔵野美術大学建築学科非常勤講師の田原さんに、授業の一環としてゼミの学生たちが「日本の森林を考える」をテーマとして取り組んだ額田地域の活性化の課題について、成果報告を行っていただきました。「天使の学校プロジェクト」と題して、旧大雨川小学校を都市部からの市民と額田地域の人たちとの交流拠点として活用していくことを軸に、間伐材を加工する工房やギャラリー、またカフェコーナーなどを盛り込んだ施設利用の案が紹介されました。

131125-pot-04

作業とセミナーの一日を終え、参加者からは、「普段なかなか体験できないことが出来て、楽しかった」「森や緑の大切さに気付かされた」などの感想が聞かれました。

第二回植生調査

10月29日。雨含みの天気の中、兵庫県立人と自然の博物館より研究員の橋本佳延氏が昨年に続き調査に来られました。今回は、「天使の森」を将来どのような森にすることが適切なのかを検討するための調査。現在、「天使の森」周辺は鹿が頻繁に出没しており、背丈の低い木や草のほとんどは鹿が食べるのを嫌う種類の植物になっています。そのため近隣で鹿などの影響を受けていない理想に近い森を探して、そこに生えている植物を調べ、この地域で根付きやすい在来の植物を把握するのが調査の狙いです。

131029-research-01.jpg

グリーンフロント研究所の小串氏とスタッフの方と一緒に、まずは下調べしておいたいくつかの森を足早に下見。そうこうするうちに次第に雨が強くなったので、昼食と打合せを兼ねながら天気の様子をみることになりました。やがて小雨になり、候補地の中から比較的鹿に食べられていない森を1つ決め、始めることになり、森の中に10m×10mの枠を3つ作り、枠内の中の植物を観察しました。

131029-research-00.jpg

131029-research-02.jpg

調査がはじまるとアベマキ、アラカシ、コナラ、ヤブニッケイ、ソヨゴ、コバノミツバツツジ・・・・と、植物の名前が次々に呼ばれ、終わってみると記録ノートには数十種類の植物が分類され書きとめられていました。 天気もなんとか持ちこたえ、無事に調査を終えることができました。

プロとともに考える家づくり 第1回~第12回

第12回 2013.10.23

講師:浅井 裕雄(裕建築計画 代表取締役)

会場:葵丘

p12

講師の浅井 裕雄さんは愛知県生まれ。子どものころから図工やプラモデルなど、ものを作ることが好きだった。大学で国宝の待庵(たいあん、千利休作)の原寸模型制作に携わり、古い建築にも興味を持つようになった。いわゆる “スローな”視点を大切にし、設計においてはプロポーションが重要と話す。 勉強会では、30歳の頃、友人と行ったインド旅行の帰り、成田空港からの電車の車窓から見た風景に衝撃を受け「いい建築を作ろう」と思った。インドの建築で使われているような伝統的な建築素材、例えばレンガなどを使っていきたい。日本では意外に価格が高いが、簡単に手に入り家主でも竣工後の補修をしやすく、年月を経て味わいが出てくるのがいい。 作品例としてリフォーム、リノベーションの例を紹介。古いものと新しいものをバランスよく配することが大切。十分な予算がない場合には、思い切って古い部分を沢山残してそれを楽しむような考え方をするようにしている。また、新築の作品事例では、街や周囲との関係から、家の魅力を街に開いていく工夫について話された。 交流会では、現在、日本には数百万戸の空き家がある。素晴らしい建築であっても経年のなかで、使い勝手が悪くなってしまう場合もある。古い建築の良い所を残しつつ、使いやすくする提案をすることこそ、これからの建築家に求められている等、リフォームやリノベーションについて話された。

  read more