NEWS

昆虫博士「ニーミン」の記事

岡崎市こども自然遊びの森『わんPARK』にて行う「天使の森プロジェクト」子ども向けワークショップでお世話になる名古屋大学 助教、ニーミン博士こと新美輝幸さん達の研究成果が複数の新聞に掲載されました。
2013年4月23日 日経新聞の記事
130423-niimi-nikkei2.jpg

第6回 「プロとともに考える家づくり」のお知らせ

建築家の講演と交流を通して、家づくりについて学ぶ「プロとともに考える家づくり」を、2013年4月24日(水)14:00〜開催いたします。 講師の宮崎 晋一さんは名古屋を拠点に活躍されている若手の建築家です。この機会に是非ご参加ください。 また、 勉強会の関連プログラムとしてラジオ放送が予定されています。

 

番組名: 「家づくり未来塾」

放送局: FMおかざき(76.3MHz)

日時:4月16日(火)11:40〜12:00 こちらも是非お聴きください。

null

謹賀新年

201212251035530b1

あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。

本年も生命の源である奥山の自然環境保全と、里山、人里における自然と調和のとれた産業基盤づくりに、誠心誠意取り組んでゆきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

第十四回 まちづくりサロンのご案内

まちづくりサロンの十四回目を開催します。

日時:11月5日(月)午後6時〜  場所:葵丘 1階

今回は、愛知工業大学工学部建築学科講師の武田美恵さんが「心ひらくまち」と題して、江戸時代から変わらぬ里山に広がる農村地区の暮らしについて、スライドを映しながら最初にお話しされます。

皆様にもご参加いただき、活発な意見交換の場となれば幸いと存じます。

>>>武田さんからのコメント>>>

「心ひらくまち」
長久手市東部に広がる農村地区には江戸時代から変わらぬ里山の風景が残る。ここに暮らす人々は庭先に湧き出る水を汲みに訪れる人を優しく受け止める。
一方で同じ市内の新興住宅地の家々は実に閉鎖的な造りで近寄りにくささえ感じる。住まいを外に開き、人と人のこころのつながりが生まれる縁側のような役割を担うきっかけがいま暮らしの中に必要になっている。
長久手市大草地区の様子をお伝えしながら、心がひらかれていくまちづくりについて皆さんと話し合えれば幸いです。
>>>>>>>>>>>>>>>>>

初めてご参加いただく方は、当ブログに掲載しています「まちづくりサロン」の概要をご一読ください。

なお、事前予約は不要です。宜しくお願いいたします。

第八回 まちづくりサロンのご案内

まちづくりサロンの八回目を開催します。

日時:5月14日(月)午後6時〜  場所:葵丘 1階

今回は、小野宗芳さんに「私のまちづくり」〜住民に愛される街を目ざして〜と題して、最初にお話しいただきます。
小野さんは、東海愛知新聞の「視点」のコーナーで街づくりについて記事を連載(現在38回)されています。

皆様にもご参加いただき、活発な意見交換の場となれば幸いと存じます。

初めてご参加いただく方は、当ブログに掲載しています「まちづくりサロン」の概要をご一読ください。

なお、事前予約は不要です。宜しくお願いいたします。

 

創世の年

20111228152155e9d

新年あけましておめでとうございます。

今年は天と地を自由に行き交う  のように
地球をより広く深く見つめ、幸福を持たらす活動を目指します。

健康なまちづくりセミナーを終えて

0807-chunichi-press

健康なまちづくりシリーズ12回のセミナーは、昨年5月にスタートし、環境負荷の少ない建築のあり方を事例とともに勉強してきました。

これまでのセミナーはこちらになります。→ 活動履歴

最終セミナーは、曳き家の現場で行いました。
これまで、建築に携わる造り手サイドの考え方から一転して、住まい手の建築の捉え方として、思いのある住空間を残す一つの技「曳き家」を前に家主の方の話しを伺いました。まさに、建築を文化として確信する一時でした。

10 / 1012345678910